ひといきつかない?Tokyoで。- WEBマガジン『ChillOutTokyo』

ChillOutTokyo

KINTOトラベルタンブラー350ml | 会社でも美味しいコーヒーが飲みたい!

カフェや喫茶店で美味しいコーヒーを知って、自宅でも手探りでハンドドリップっぽいことをするようになった今、

いよいよ会社でも美味しいコーヒーを飲めたら…なんて思いが強くなった。

マイボトルデビューに選んだ「KINTO トラベルタンブラー 350ml」を徹底解説!

「KINTO トラベルタンブラー 350ml」のパッケージ

「KINTO トラベルタンブラー 350ml」のパッケージ
ミニマルなデザインのパッケージ。

「KINTO トラベルタンブラー 350ml」の構造

キャップを回して外すと、こんな印象。
「KINTO トラベルタンブラー 350ml」の構造-01

全てのパーツを展開すると、

キャップ

飲み口

ボトル本体

の3構造になっている。
「KINTO トラベルタンブラー 350ml」の構造-02

「KINTO トラベルタンブラー 350ml」の飲み口

飲み口は、360度どこからでも飲める構造となっている。

ボトル本体側に接する部分には、シリコーンパッキンが1つあり、取り外して洗うことが可能。

「KINTO トラベルタンブラー 350ml」の飲み口

個人的に猫舌なこともあって、

この比較的細い飲み口からすすると、予想よりも熱く感じることがあるので、

飲みはじめの時は気をつけている。

「KINTO トラベルタンブラー 350ml」のキャップ

キャップ部は、飲み口部側と接する部分にシリコーンパッキンが1つ付属する。

こちらも取り外して洗うことが可能。

「KINTO トラベルタンブラー 350ml」のキャップ

「KINTO トラベルタンブラー 350ml」の買うべきメリット

毎日持ち歩くからこそ、洗いやすさはとても重要なポイント。

極力シンプルな構造で、シリコーンパッキンは取り外せること。

(シリコーンパッキンは柄のあるもので梃子の原理でひっかけて取り外すと簡単。)

鞄の中が水びたし…なんて災難に一度も逢っていないことも優秀なポイント。

マイボトルを持参するようになって、
飲み物代を大幅に節約できるようになったし、
意識して水分をとれるようにもなった。

日々のコスト・将来的な健康面を考慮したら、

¥2800-という投資はすでに回収できたように思う。

カラーバリエーションも豊富で、全6色の展開。
ひと回り大きいサイズの、500mlタイプも登場

新しい生活のスタートと同時に、あなたのお気に入りの1本を選んでみては?

これからの暑い季節は、氷をなみなみに入れて持ち歩くのがオススメ!

\ SHARE!/

PICK UP

  1. 渋谷『ビストロ ロジウラ』のあんバターサンド|東京カフェ
  2. 青山『buik』のペリカンのあんバタートースト|東京カフェ
  3. 浅草『珈琲アロマ』のペリカン|東京カフェ
  4. 成城学園前『ル・フルティエ』のパフェ|東京カフェ
  5. KINTOトラベルタンブラー350ml
PAGE TOP