ひといきつかない?Tokyoで。- WEBマガジン『ChillOutTokyo』

ChillOutTokyo

イイホシユミコのunjour(アンジュール)にのせれば

浅草『itonowa』や雑司が谷『うぐいすと穀雨』など多くの人気カフェで採用される、「イイホシユミコ」さんの器。

色々なカフェでイイホシユミコの食器に触れているうちに、手に馴染む感覚というのだろうか、

自分とずっと一緒に歩んできたかのような妙な安心感を覚えて、気に入ってしまった。

原宿神宮前にイイホシユミコの直営店を構えているということで、早速伺ってみた。

// アパートの一室にあるお店は、フロントで行き先を伝えるシステム。このやりとりまでもが特別な演出に思えてしまう。

※2019年1月、表参道に移転。

shop

yumiko iihoshi porcelainのサイト。プロダクト、ニュース、取扱い店舗、展覧会のご案内等



無事にお目当の『unjour(アンジュール)』を購入し、家に連れて帰ってきた。

イイホシユミコのunjour-アンジュール
この箱から溢れる特別感が、たまらない。

イイホシユミコのunjour-アンジュール
金属などがぶつかると変色してしまう注意書き。

しっとりお肌な質感は、買ったばかりなのにやっぱりスッと手に馴染む。

トーストやケーキ、焼き菓子を乗せたりと、かなりの頻度で使用中。

食材を邪魔しないシンプルな表情は、写真を撮る時にもいい役を演じてくれる。

イイホシユミコのunjour-アンジュール
雑司が谷『うぐいすと穀雨』、春だけの「さくら」のあんぱんをのせて。

ボクのInstagramで最も登場しているかもしれない、お気に入りの逸品。

\ SHARE!/

PICK UP

  1. 下北沢カレー『YOUNG』のプリン
  2. 錦糸町『ニット』のホットケーキ|東京カフェ
  3. 青山『アンペア-ampere-』のフルーツサンド|東京カフェ
  4. 新大塚『エデン』のプリン|東京カフェ
  5. gift
PAGE TOP