ひといきつかない?Tokyoで。- WEBマガジン『ChillOutTokyo』

ChillOutTokyo

純喫茶のレトロプリン名店4選 | 東京カフェまとめ

いま都内のカフェでは空前のプリンブームが巻き起こっている。

コーヒースタンドやカフェにプリンが登場すると一気に爆発、たどり着くのも困難になってしまう光景を何度も目の当たりにしている。

更に天下のスターバックスまでもが、レトロ喫茶をコンセプトにした「スタアバックス珈琲」を5月15日より展開。

その主力メニューが「プリンアラモード」なのだ。

そんな魔性の魅力を持つプリンと珈琲の関係のルーツを辿ると、昭和の喫茶店のレトロプリンに行き着くだろう。

いま食べたい「純喫茶のレトロプリン名店4選」を特集。

新橋『ヘッケルン』のジャンボプリン

「純喫茶とプリン」というイメージを作ったのは、紛れもなく新橋『ヘッケルン』の功績だと思う。

新橋『ヘッケルン』のジャンボプリン|東京カフェ

新橋『ヘッケルン』ジャンボプリンは、カラメルが特に印象的。

蜂蜜のような粘度のある口当たりとなっている。

鶯谷『喫茶デン』の12食限定プリン

グラパンで有名な鶯谷『喫茶デン』の、
12食限定プリン。

鶯谷『喫茶デン』のプリン|東京カフェ

ソフトクリームを纏っているのが、
デンのプリンの特徴。

本郷三丁目『名曲珈琲 麦』の自家製プリン

名曲喫茶本郷三丁目『名曲珈琲 麦』では、
自家製のジャンボプリンが味わえる。

本郷三丁目『名曲珈琲 麦』のプリン|東京カフェ

」が入っているのが、麦のプリンの特徴。

新大塚『エデン』の自家製ジャンボプリン

新大塚『エデン』のプリン|東京カフェ

昭和のまま時が止まってしまったような空間の新大塚『エデン』では、自家製ジャンボプリンが楽しめる。

ノスタルジックな店内で、レトロプリンを存分に味わって。

気になるお店はございましたか?

実はどの店舗もかなり長い歴史を歩んでおり、以前綴ったコラムに書いたように突然の閉店を心配している。

ぜひいまのうちに体感してみて。


\ SHARE!/

PROFILE

プロフィール

サトウヒロキ

仕事の息抜きとしてはじめた喫茶・カフェ巡りに傾倒。

こだわりカフェ・レトロ喫茶・最新コーヒースタンドを網羅し、これまでに訪問したお店は300軒に上る。

お酒も大好きで、赤提灯系からワインバル・オーセンティックバーまで幅広く遊び歩く。

喫茶カルチャーをより多くの人が体験できるよう活動中。

詳しいプロフィールを読む

■Activity
<クラウドファンディング>
2017年 映画『74歳のペリカンはパンを売る。』

2018年 京都『旅の音』×『七條甘春堂』

2019年 西荻窪『喫茶 村田商會』

<メディア掲載>
★ P・H
『まったりタイムに入りたいお店がいっぱい!オシャレカフェ・老舗喫茶店アカウントまとめ』

★ MERY
『時代はモダン→ローカルへ?地元民が愛す、昔懐かしさを感じる喫茶店へご招待』

『イヤフォン忘れた、最悪。そんな時は“音楽が楽しめるカフェ”で最高の日に変えよう』

仕事のご依頼はこちらから
このエラーメッセージは WordPress の管理者にだけ表示されます
Instagram フィードに問題があります。
エラー: 投稿が見つかりません。

PICK UP

  1. 新大塚『エデン』のプリン|東京カフェ
  2. 青山『buik』のペリカンのあんバタートースト|東京カフェ
  3. 大倉陶園のカップアンドソーサー
  4. 笹塚ベーカリー『オパン』のフルーツサンド
  5. 二子玉川『Let It Be Coffee 』のあんバターサンド|東京カフェ
PAGE TOP