ひといきつかない?Tokyoで。- WEBマガジン『ChillOutTokyo』

ChillOutTokyo

大倉陶園のカップアンドソーサー①

カフェ巡りをするようになって、「この器、素敵だなー」なんてことを理解し始めた頃のお話。

「このカップ、あの店で使ってたものと似てる?」

そんな場面が多くなって、どこのカップなのか気になって仕方がなかった。

何かの拍子に、それが『大倉陶園』のカップアンドソーサーであることを知った。

そうと分かると、欲しくなってしまうのも時間の問題。

早速調べてみる。

…高い、あんた高杉くんちゃう?

それもそのはず、大倉陶園は宮内庁御用達の高級食器メーカー

怖いもの見たさで、あのお店のカップを調べてみたら震えた。そっとブラウザ閉じた。

想いは募るばかり…。
ChillOutTokyo、探しました。

大倉陶園のカップアンドソーサー
このカップアンドソーサーは、大倉陶園ゴールドウィング」というシリーズ。

瑠璃色に金色の羽根模様が印象的なモデル。

もう美しすぎて、言葉にできない。

心なしか、なんかいつもより美味しく感じるもん。

大倉陶園のカップアンドソーサー
箱付きデッドストック。
お値段、市場価格の1/4…。

そう、メルカリならね。

\ SHARE!/

PICK UP

  1. 成城学園前『ル・フルティエ』のパフェ|東京カフェ
  2. 二子玉川『Let It Be Coffee 』のあんバターサンド|東京カフェ
  3. 青山『buik』のペリカンのあんバタートースト|東京カフェ
  4. 神保町『きっさこ』のチーズケーキ
  5. 新大塚『エデン』のプリン|東京カフェ
PAGE TOP